藤原 葉子

2-73藤原葉子

氏名 藤原 葉子
レベル区分 レベル3
何期生 2期生
活動エリア(県) 大阪、東京、愛知県内 出張いたします。

Wellness YOKO
467-0012 名古屋市瑞穂区豊岡通り3丁目6-2
M MIZUHOビル3F

連絡先ホームページ/ブログ等 NPO法人 健康支援エクササイズ協会
http://www.kenkoshien-npo.com

Wellness YOKO
https://www.wellnessyoko.com/

Email

Mail: ZVT04706@nifty.com
 

プロフィール1
経歴、経験
エアロビクスダンスと免疫との関連性を調べたく、現川崎市立看護短期大学 教授西端泉先生と共同研究を行い、ACSMアメリカスポーツ医学会、日本体力医学界で共同研究者として発表した経験があります。

その後も高齢者指導、障害者向けのプログラム(支え、肩関節機能改善、筋膜リリース等、複合的要素を含む)棒びくすを考案し、エビデンスを三重看護大学、また名古屋大学医学部、さらに三重大学医学部看護学科など共同研究を重ねエビデンスを確立しました。

健康運動指導士、ACSM、ピラティス、フランクリンメソッドを学び、現在、自身の股関節のオペ経験も含め、股関節疾患者の方の未病、早期発見、予防に力を注いでおります。

プロフィール2
強み
股関節プロフェッショナルトレーナーとして活動しております。

股関節疾患の症状・早期発見の見分け方、股関節レントゲン映像の解析、股関節疾患の症状レベルに合わせたトレーニングや調整法、日常生活のアドバイスなど、多くの股関節疾患のトレーニング実績を積み、歩行改善、可動域修復、軟骨再生も含め確実に効果をあげています。

一方、高齢者、介護施設での長年の指導経験もあり、育成、講演など依頼を受け、実績を積んでおります。

からだは学べば学ぶほど未知の分野があります。常に内容、スキルの向上に努め、これからも学び続けていきたいと思っております。よろしくお願いいたします!

プロフィール3
FMを取り入れた指導スタイル
フランクリンメソッドは、多くの関節疾患者をハッピーにする素晴らしいメソッドです。

様々なイメージを用いたり、ボールやバンド等のツールを用い、本来のボーンリズムを脳や五感を通し学びます。知らず知らずに習慣化されていた誤ったボーンリズムに気づかせてくれるメソッドです。

誤った動きでトレーニングすればするほど、誤った動きがうまくなるだけという言葉どおり、まずは、現状に気づくことが大事です。

関節が、本来ボーンリズムで、それに伴う筋肉が活動してこそ、改善が認められます。
自身はもちろんのこと、パーソナル指導、グループ指導を通して、常にフランクリンメソッドを用いて効果を出しています。