川原 あけ未

1-79 川原あけ未

氏名 川原 あけ未
レベル区分 レベル2
何期生 1期生
活動エリア(県) 東京 エースリーA3スタジオ・荻窪体育館(東京都杉並区)

笹丸会館(大田区洗足池)ヤムナスタジオ(代々木)

*上記で年に6、7回フランクリンメソッドやヤムナとのコラボワークショップを行っております。

ピラティスラボ(代官山)側弯センター(八王子)

連絡先
ホームページ/ブログ等
エースリーA3スタジオ
sports.geocities.jp/athreestudio
Mai a3・kawahara@gmail.com
プロフィール1
経歴、経験
名倉ジャズダンススタジオカンパニーメンバー所属の後、ミュージカルや音楽劇等の振付活動を行ってきました。自身が腰痛を抱えていたため様々なボディーワークを勉強し、フランクリンメソッドにも出会いました。「解剖雅学や生理学を誰にでも解りやすく伝える事が大切」、「良いイメージや楽しむ心が身体機能にも影響する」という事をフランクリンメソッドにて学びました。特にバレエのプリエはフランクリンメソッドで「骨盤の動き」を学ぶことにより、大きく観念が変わりました。機能に見合った身体デザインやボーンリズムの存在を知りました。

更に心身を学ぶべく専門学校に通い、2017年に理学療法士の資格を得て介護予防や医療活動にも関わっております。

プロフィール2
強み
フランクリンメソッドの他にヤムナ(ボディーローリング・フット・フェース・テーブルトリートメント)、ポールスターピラティス、ジャイロキネシス、高齢者運動指導士、シナプソロジー等の資格を持ち運動指導しております。また理学療法士、側湾トレーナーとして医療現場や機能改善の現場に関わっております。個人個人様々なニーズやご希望に合わせてフランクリンメソッドを提供できるかと思います。

またダンス指導や振付に関わる中で、心身ストレスの多いアーティスの健康を維持、機能向上を図るためにフランクリンメソッドの要素を伝えていきたいです。

プロフィール3
FMを取り入れた指導スタイル
自分がダンスで身体を痛めた経験、また背骨に側湾がある経験から様々なボディーワークを学び始めましたが、フランクリンメソッドは全てのメソッドの基本となるものです。

ですからダンス指導にも、ピラティスやヤムナ等のボディーワーク指導の際もフランクリンメソッド取り入れて活動しています。

解剖学的アプローチから身体のデザインを学ぶと共に脳や神経系統へのアプローチがいかに重要かということを体験してきました。

骨標本や図や様々なツールを使いながら、楽しみながら想像力を膨らませる経験を一人でも多くのかたに味わっていただければと思います。本来人間に備わっている能力を引き出すお手伝いができたらと思っています。