山口 由紀

氏名 山口 由紀
エジュケータートレーナー、メンター
レベル レベル3
2期生
活動エリア 都内近郊
(ヨガ・ピラティススタジオ、ボディワークスタジオ、出張トレーニングなど)
連絡先 Body Work Studio P-flow
info@p-flowbody.com

プロフィール

経歴、経験

17歳よりダンス(ジャズ・コンテンポラリー・バレエ)を始める。平成8年理学療法士免許取得。
総合病院勤務後、介護・福祉現場に数多く関わる。多くの疾患や怪我の急性期から慢性期のリハビリテーションに携わる。一方で自身もダンスによる故障を多く経験し、ピラティスに出会う。自分の身体を通した経験や様々なボディタイプの方への運動指導により、『動く』という側面からのリハビリ、コンディショニングについて研鑽を積む。

現在はフランクリンメソッドプロトレーニングコースのアシスタントを務める他、ピラティスの後進の指導、インストラクター・トレーナーへの解剖学ワークショップ、ダンサーや舞台芸術への身体表現の指導、高齢者への体操指導や専門家への体に負担の少ない介護方法の指導など活動の分野は多岐にわたるが、いずれもいかに体と共にあるかということを日々伝えている。

資格

  • フランクリンメソッドメンター
  • 理学療法士
  • Polestar Pilates (Mat・Reformer・Rehabilitation)mentor
  • GYROTONIC®トレーナー
  • BODY CONTROL PILATES (Antenatal)
  • Core Intelligence
  • Pilates IntrospectiveⅠ・Ⅱ・Ⅲ
  • 介護支援専門員

WS開催頻度

イントロダクションWS

都内スタジオや全国各所にて年に計4~5回

フランクリンメソッドミニクラス

Body Work Studio P-flowにて月1回

強み

医療と福祉、フィットネスの分野に長く関わってきたからこそ、状態に応じた今身体のために必要なこと(体の使い方、快適な動き方)を、分かりやすく楽しく伝えており、日常的な動きからスポーツパフォーマンスまで、子供から高齢者まで多くの分野と多くの年齢層の方に支持されている。また都内のヨガスタジオなどでフランクリンメソッドとピラティスを融合したイベントクラスなども担当している。

FMを取り入れた指導スタイル

動きを作るのは脳。自動的に関節が動く訳ではないし、動き方が決まっている訳でもありません。動くタイミング、動く量、動きの質。すべては脳からの指令で動いています。フランクリンメソッドの動きの教授法では、イメジェリーを用いて動きの質に大きな変容を生む瞬間を目の当たりにすることがあります。
痛みを抱えている方が痛み無く動けること、ここまでしか動かないと思っていた関節が大きく動くこと、動きにくいと感じている体が簡単に抵抗なく動くこと、頭と体のつながりの不思議とその可能性は計り知れません。

身体の構造の本来の動きとその動きの質感がクライアントの中でつながるようにする視点は運動指導では欠かせません。

プロフェッショナルトレーニング

WSスケジュール

フランクリンメソッド紹介

プロトレ紹介

PAGE TOP