講師代表紹介


フランクリンメソッド創始者、エリック・フランクリン紹介
Eric_Franklin_1

フランクリン・メソッドの創始者であるエリック・フランクリンは、ダンサー、振付師のバックグラウンドを持ち、自らの怪我の体験からよりよい身体の身体の使い方を探求しはじめ、1986年からイメジェリーを用いたフランクリンメソッドを教え始めました。

欧米でよく知られるムーブメントの教育機関でフランクリンメソッドを広く教え、ニューヨークのジュリアードスクール、ロンドンのロイヤルバレエ、コペンハーゲンのデーニッシュバレエ、ローマのダンスアカデミー、チューリッヒのサイコモーターインスティチュートや、ウイーン大学の客員講師などを務めてきています。また彼は、オリンピック選手やアスリートの世界チャンピオン、シルクドソレイユなどでも教えています。

エリック・フランクリンはニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・アーツで美術学士取得、スイス大学でBA学士取得。1991年よりアメリカンダンスフェスティバルにて教員を務めています。

エリックはdynamic Alignment through Imagery, Dance Imagery for Technique and Performance, Conditioning for Dance, 骨盤力、首のリラックス肩の解放、Inner Focus Outer Strengthなどの著作者で、IADAMSのメンバーでもあります。


フランクリンメソッド アソシエートディレクター
フランクリンメソッドジャパン代表    モートン・ディスマー紹介

MortenProfile01_3

モートン・ディスマーは、エリック・フランクリンと共に過去15年以上フランクリンメソッドの発展に寄与してきた共同ビジョナリーで、フランクリンメソッドのアソシエート・ディレクターです。創始者のエリックの他、唯一のティーチャートレーナーである彼は、世界中でフランクリンメソッドを教えています。

モートンはダンス、オステオパシー、武道、コメディ、そして長年の精神修養の経験をフランクリンメソッドにもたらしています。
少年時代はサッカーとバトミントンに明け暮れ、13歳のときにインドのグルと運命的な出逢いをし、瞑想、菜食、ヨガをはじめます。その後オランダに移りロッテルダムダンスアカデミーでダンサーとして訓練を積み、以降20年以上パフォーマンスアーティストとして世界各地で活躍しました。

ニューヨークで出会った大野一男に声をかけられ来日、モダンダンス、武道の造詣を深め、合気道3段保持者となる傍ら、傷めたからだを直すために始めたオステオパシーのボディーセラピストとして東京にクリニックを開きました。
「常にからだと心の関係性を探りながら、いかに人が可能性を開花させる手伝いができるかにフォーカスをしてきました。」というモートンは、1994年にエリック・フランクリンと出逢って意気投合し、以来フランクリンメソッドを共に発展させてきました。

「まずからだはどうはたらくようにできているかと、心がどうやって変化をつくっていくのか、この2つがぴったりとはまったときに、他に類を見ない強力な変化のためのレシピができる。これを使えば、人は最高に満ち足りた生を送れるようになる。」

モートンは過去7年、エリックとともにニューヨークのジュリアードスクールでゲストティーチャーを努める他、TEAM USAのウェイトリフティング部門、デンマークロイヤルバレエ、シルクドソレイユ、LADMMIモントリオール、香港モダンダンススクール、ナイキコンフェレンス、国立台北芸術大学、ケベックエコールドダンス、シドニーマクドナルドカレッジ、ロンドンラバンスクール、ウエストオーストラリアバレエなどで教えてきました。

デンマーク生まれのモートンは現在日本に拠点を持ち、フランクリンメソッドジャパンの発展にも尽力しています。
世界中でフランクリンメソッドを通じて多くの人達に会い、シェアができることを心から楽しむ彼はこう言っています。

「私たち人間は、純粋なポテンシャル(可能性)だ。フォーカスをすることに決めたことが自分になっていくんだから、もっとよくなっていくことにフォーカスしようじゃないか。フォーカスする対象は何でもいいわけだけど、どんな体験をするにしてもそのベースはからだと心。だからこの2つからまずはじめよう。」


 フランクリンメソッドジャパン代表 ディスマーゆかりからのメッセージ

ディスマーゆかり

フランクリンメソッドは、からだの動きを改善するため、という入り口がありますが、そこを入ると、本当に変わっていくためには何が必要かがわかってきます。

一つ目は、もともとの動き方を知ること。そして、二つ目は、自分の持っているイメージを変えていくこと。
私の得意分野は、二つ目に関することです。

幼少から海外の生活習慣に触れてきたことや、様々なセラピーを学び実践してきたこと、言語をまたぐ通訳翻訳の仕事をしてきたことを通じて、制限的な自己イメージを持つことがいかに変化の妨げになるか、そしてどのように変化する必要があるのかが「ちゃんとわかる」ことが、とても大切だと感じるようになりました。

フランクリンメソッドは、動きから入り、様々な情報を得、理解し、実体験し、気がつき、変わりたくなり、変化にたいする働きかけをし、その結果として動きがよくなる、この全てをつなげる道を持っています。

よく生きられる状態は、よく動ける状態なしにはありえないと思っています。
ここでいうよく動くというのは、物理的にからだが動くことだけを言っているのではありません。
様々な制限もあるのが現実ですから、その中でいかにからだだけでなく、心も気持ちも柔軟に、しなやかに生きていけるか、これを皆さまと一緒に探求していきたいと思っています。ぜひ、フランクリンメソッドの入り口をたたいてみてください。

訳書:『フランクリンメソッド 骨盤力』、『フランクリンメソッド 首のリラックス 肩の解放

共著:『フランクリンメソッド 骨盤力 エクササイズ