次期プロフェッショナルトレーニング開催決定!

次期プロフェッショナルトレーニング開催決定!

次回のフランクリンメソッド
プロフェッショナルトレーニング開催のお知らせ

大変お待たせいたしました!
次回の、日本でのプロフェッショナルトレーニング(以下、FMプロトレ)の開催が決定いたしました。

世界中を飛び回るマスターティーチャートレーナーのスケジューリングにより、開催は来年11月開始と、少し先になりますが、早期申込の特別割引(2017年11月が期限)の情報もありますので、ご検討ください。

 

フランクリンメソッド
プロフェッショナルトレーニングの特徴

1.最新の機能解剖学、生体力学の科学的な根拠に基づいた、本来からだはどのように機能するように設計されているかの情報が学べます。

様々なムーブメントエクササイズがありますが、なぜそのエクササイズを、何のために、どのようにするのかという問いに答えることなく、エクササイズの型だけを教えている現状も少なくありません。

実際、比較的短い期間でインストラクターになった方達が必要に迫られ、改めてからだのしくみとはたらきを学びに来られるケースも多いのが本トレーニングです。

 

2.本トレーニングは上記の情報を、自分自身のからだで理解し、体現することができるように設計されています。

情報として知っていても、それを的確に使うための体現のしかたを学び、ご自身に落とし込みができてこそ、ムーブメント向上のために情報が生きるのです。

 

3.本トレーニングは、学び体現したマテリアルを、いかに他者に効果的に伝え効率的な変化を促すかのペタゴジー(教育法)も同時に学び、身につけます。

機能解剖学、生体力学の情報を得て、自分のからだで感じ、体現することができることイコール優れた教育者であるとは限りません。

 

このような、ムーブメント向上のための包括的な本トレーニングは、他に類を見ないユニークかつ優れた内容となっています。

23日間を通じて、今まで積み重ねた経験に新たな理解と実際的なノウハウを身につけ、卓越したムーブメントエジュケーターとなるまたとない機会が、フランクリンメソッド プロフェッショナルトレーニングです。

※なお、本トレーニングの受講資格は特に設けていませんが、プロフェッショナルなムーブメントエジュケーター、あるいは実践者(ダンサー、パフォーマー、アスリート)を育てることを目的としているため、基本的な解剖学的知識は事前に学ばれていることをおすすめします。


開催スケジュール

次回の開催は、2018年11月より開始、2019年9月終了、5日間あるいは4日間を1モジュールとした5モジュール、合計23日間となる予定です。

決定した開催日時は、下記のとおりです。(2017年9月現在)

モジュール1:2018年11月21日(水)~ 11月25日(日)5日間

モジュール2:2019年3月7日(水)~ 3月10日(日)4日間

モジュール3:2019年4月24日(水)~ 4月28日(日)5日間

モジュール4:2019年6月20日(水)~ 6月23日(日)4日間

モジュール5:2019年9月18日(水)~ 9月22日(日)5日間

※最大休講日:4日間*(下記、内容に関わる事項をご参照ください)


トレーニングについて

開催時間:
毎日午前10時~午後6時
(うち1時間半は昼休み、予習、復習の時間に充てられます)

一日のスケジュールは、座学、体現のためのムーブメント、エクササイズ、復習、ティーチバック等、毎日がフルスケジュールとなっています。

開催場所: 東京都内
通常は北千住の駅に隣接したシアター千住の稽古場が会場ですが、現時点では全ての期間の会場が予約できていないため、変更になる可能性もございます。

宿泊先:
都心に比べると、比較的安価に泊まれる宿泊先が見つかるエリアですが、至近のホテルは1件のみで、特に週末は早くから予約で満室になることがあるため、お早めのご予約をお勧めします。

*プレゼンテーションと休講について

フランクリンメソッドの公認エジュケーターとなるためには、最終モジュールで行われるプレゼンテーションにて認定される必要があります。

プレゼンテーションができるための最大休講日は4日間となっておりますことをご了承ください。
なお、プレゼンテーションはフランクリンメソッドのペダゴジー(教授法)の重要な一部であるため、全ての受講者が対象となります。

休講される場合は、欠席されたトピックの内容を他の受講者から聞いた上で、レポート用紙1枚程度にまとめて提出していただきます。

*各モジュール間のホームワークについて

FMプロトレは5つのモジュールで構成され、モジュール間に学ばれたトピックを復習し、身につけることが重要です。

このために、モジュール間で練習ワークショップを各2回以上行い、行った結果についてのレポートを提出していただきます。

また、日々、フランクリンメソッドの教授法を身につけるためのご自身に対しての様々な働きかけを、お勧めしています。

*スケジューリングについて

FMプロトレは朝10時から午後6時まで、様々なトピック、体現、教授練習、エクササイズ等が満載で、特に最初のモジュールはこの教授法に慣れるまで、6時以降はゆっくり過ごせるようなスケジューリングをされることをお勧めします。


受講料、お支払いについて

受講料:59万5千円
(日本語マニュアル、通訳料、最終モジュールの認定プレゼンテーション審査料を含みます)

お申込みの際、受講料の一部の10万円をお申込金としてお振り込みいただくことで、正式にスペースの確保となります。

早期申込割引:
受講料全額の早期お振り込みで、早期申込割引の対象となります。

割引額は、2017年11月末日までのお申込み(受講費全額をご入金いただきます)で8万円、2018年6月末日までのお申込みで6万円の割引とし、各割引とも先着5名までのお申込限定とさせていただきます。
(お申込み:2017年9月開始. 現在8万円割引3枠残存しています。)

分割払い:
受講料10万円をお申込時にお支払いいただいた後、下記の期日までに各17万円のお支払いをいただく分割払いが可能です。

1回目期限: 2018年11月16日(金)
2回目期限: 2018年4月19日(金)
3回目期限: 2019年9月13日(金)

なお、分割払いの場合はお支払確認をもって次のモジュールのご参加が可能となりますことをご了承ください。
また、毎月のお支払い等、他のお支払い方法をご希望の場合はご相談下さい。

 

 


数少ない日本開催の貴重なこの機会に、ぜひ参加をご検討ください。

上記以外のご質問がおありでしたら、いつでもメールにてお問い合わせ下さい。
フランクリンメソッドジャパン franklinmethodjp@mac.com