種井 美緒(miomio)

DSC_9821

氏名 種井 美緒(miomio)
レベル区分 レベル1
何期生 4期生
活動エリア(県) 都内・埼玉県内を予定。
ご希望があれば出張も可能です。
連絡先ホームページ/ブログ等 Mail:
b042021@yahoo.co.jp
プロフィール1
経歴、経験
子どものころから、体を動かすことが好きで、サッカーやテニス、ソフトボールなど様々なスポーツを経験。スポーツの成績としては実を結びませんでしたが、だからこそ、より良く動くことは、単にパフォーマンスを向上させるだけでなく、”それ自体が楽しみであり、また人として成長できる側面を持つ”と感じています。

体を動かすことの興味から始まり、2008年に理学療法士免許を取得。
総合病院や整形外科クリニック、デイケアに勤務す る中で、様々な患者さまのリハビリテーションを行ってきました。

産後3年、一児の母でもあります。
自身の産後が心も体もボロボロだった経験から「イキイキとした人生を送るためには健康な身体が必要不可欠である!」と痛感。

また病院という場所から一度離れることで、「世の中には、病気やケガで病院に来なくても、体のケアが必要な人がたくさんいる!」という事に気づきました。

「体が健やかになることで、前向きに人生を送れるようになる」ための伴走がしたいと思い、FMを学び始めました。

プロフィール2
強み
理学療法士として、解剖学などの専門知識を一般の方に、平易な言葉で説明するスキルを身 につけてきました。

エクササイズではなく、日常生活をよりよくすることにフォーカスします。

また、病院という場で、性格・経験・価値観・習慣など背景が様々な人たちと接してきた経験から、「こうでなければならない」という固定観念はあまりなく、その分、あなたの現在地(今、どのように感じるか)を理解することに力を注ぎます。

プロフィール3
FMを取り入れた指導スタイル
例えば”ハサミ”というものを説明する時に、「ここの部位は○○と呼ばれる部分です」「ここの材質は○○でできていて、その特徴は…です」「ここの角度は○度に開きます」ということは知っていても、それまで私は「”ハサミ”とは紙を切る道具である」ということを知らずに知識ばかり身につけていた気がします。

FMで「体は本来このように動くようにデザインされている」を学ぶことは、それまで理学療法士として学んできた知識の一つ一つが、有機的に繋がるような感覚で、非常に面白いです。

FMを学ぶことで、人に何かを教える際に、「何が本質的なのか」「どういう順序・伝え方をしたらいいのか」「その人がポジティブにその人なりの一歩を踏み出すためには、自分には何が出来るか」を考えられるようになってきました。