上野 昌代

m-ueno

氏名 上野 昌代
レベル区分 レベル1
何期生 4期生
活動エリア(県) 山形県鶴岡市
庄内地域全般の各施設、三井病院、スポーツクラブ
神奈川県横浜地域 にしさこレディースクリニック
各出張致します!
連絡先ホームページ/ブログ等 クインズ・プラーナHP:
http://www.qprana.com
プロフィール1
経歴、経験
ヨーガ歴20年、アーユルヴェーダやアロマテラピー、均整術などの東洋医学を学んできました。産後女性の支援事業をとおし、また助産院でのスタッフとして妊産婦ケアの指導普及に携わってきて、ペリネイタル時期の心身の大切さを実感、学びました。

オーガニックな生活を実践、探究するかたわら、包括ケア、予防医学としての心持ちがとても大切だということに気づき、病院、クリニックや、企業との医療連携をしながら、マタニティヨガ、ベビーケア、アロマテラピー、アーユルヴェーダカウンセリングの指導をさせていただいています。

実践しつづけることで自分の身を持って伝えられることを大切に活動しています。

プロフィール2
強み
感性の大切さや人の暮らし方に興味を持ち、少ないもので豊かに暮らすことを実践。

自然のなかに身をおくことで、感覚を研ぎ澄ます、ヨガツーリズム、オーガニックエクスペリエンスを展開しています。

暮らしの中で、土着したアーユルヴェーダを伝えながら、ヨガのクラスや、研修の際にフランクリンメソッドを取り入れて行います。
身体の本来の動きをしっかり捉えることは、感覚を鍛えることにもつながっています。

ボーンリズムを身体で感じることに加え、ダイナミックイメジェリーを用いる事で、日頃の生活は、より心地よくなれるから、フランクリンメソッドの教えを、日常生活全般に活かしていただけるように伝えていきたいと心がけています。

衣食住のトータルで、人が幸せに、豊かに、見いだしていけることの一助となりますように。

プロフィール3
FMを取り入れた指導スタイル
解剖学の知見を染み込ませたいという想いから、楽しく身体で覚えようという画期的なプログラムは魅力的でした。その伝え方は教えることではなく、気づかせることのペタゴジー。

相手への伝え方によっての変化や伝わり方の違いと、体現のもどかしさ難しさを感じつつ、その楽しさを感じ始めたころ、自分のことがわかっていないんだなということに気づいたのがプロトレ半ばの初夏の頃。

まだまだ未知である自分に痛感するとともに、自分のメンタルとブレインとボディの関係性、協調性、癖、怖くて知ろうとしていなかったことを、知りたい、感じたい、体現したいと、知らない世界に踏み込む勇気が持てた。混沌とする気持ちを打破し、覚悟が定まってきたのだけれど、自分のなかに心地よく居続けるというマインドの安定ができないことが多くあった。

最終モジュールを迎え、自分に対して臆病にならず、自分が伝えたいことをきちんと発信していこうと思えること。
それは、自分が自分の中に居つづけること!そしてこれからもっと上手に居つづけられれば、自分で自分を傷つけず、自分が一番の理解者でいられるんだと。

自分に自信がなかったことに対してのコンプレックスは何にもならない。
勇気をだして、自分を受け入れることが、現状確認するために大変だけどとっても重要なことなんだと学んだ。

イン・ラケチ! このメソッドを共に学んでいく中で感じたことは、相手は自分の鏡なんだということ。

最後に、私に降り注ぐキラキラしたものってなんだろうって身を委ねたら、宇宙調和という感覚が降りてきた。腑に落ちた。