沢田 万幾子

氏名 沢田 万幾子
レベル区分 レベル1
何期生 5期生
活動エリア(県) ピラティススタジオ11lalala (ジュウイチラララ)
http://juichi-lalala.jp/
兵庫県 西宮市郷免町1-11

NHK大阪

連絡先ホームページ/ブログ等 メール:info@juichi-lalala.jp
TEL 0798-38-9511
プロフィール1
経歴、経験
1990年代後半頃からエアロビクスインストラクター、マシンジムトレーナーとして運動指導を行いながら、参加者の方々の動き方のよろしくない癖やアンバランスをどうすれば整えることができるのか、の模索が自分の指導の中に常に有りました。

ちょうど2000年に入った頃、出会ったのがピラティスでした。
身体を動かす際、体の中心軸にある筋肉とのつながり方や機能的な動きをする為には、自分の姿勢に向き合うことの重要性を実感。

それをクライアントと共有していく仕事として、以来経験を重ねてきました。

そんな中、ピラティスのコースの中で、フランクリンメソッドのボーンリズムを取り入れているコースを受講する機会を得て、動きの中でのマインドの介入の必要性、そしてそれを伝える指導法が軸となるフランクリンメソッドに、不思議な魅力を感じています。

プロフィール2
強み
フランクリンメソッドで唱えられている高揚(モチベーション)という要素が生み出す
脳の可塑性効果を多大に経験できたことが、自分の宝物(強み?)になっています。

予期せぬ小さなきっかけから「よさこいソーラン」のチームを立ち上げることになり、
そのチームが県大会の三連覇を遂げるに至り、願えば夢は叶うを実感。

その経験をもとに、自分の「思い」が動きを変えるを伝えていきたい!

プロフィール3
FMを取り入れた指導スタイル
運動を通じて、自分の身体は、他でもない自分の脳からの指令で動いているということ、
そして、高齢になっても諦めないで自分の可能性は無限にあることをシェアできるようにと、心がけています。

また、痛み、という厄介な感覚も自分の脳からの発信の産物であることにも気づいて頂くことができ、運動のセッションを通じて、ハッピーな人生を送れる手助けになればと願っています。

ピラティスのマシンや、フランクリンメソッドのムーブメントなど、垣根を超えて、楽しく運動ができたらと望みます。