12/2(土)東京 西山晶子WS「”首と頭の在り方”を探求する」

「首と頭の在り方」を探求する

フランクリンメソッドは、身体は本来どう動くように設計されているか、どうすれば機能的に動けるようになるかを教える画期的な動きの教授法です。
脳に効果的に作用するイメジェリーや動きの改善のための簡単なエクササイズで体験的に身につけてゆきます。

今回のテーマは首(頚部)と頭(頭蓋骨)。

頭や首の状態は全身の「姿勢」を決めてしまいます。
例えば不良姿勢の典型「フォワードヘッド」は、頭部が前に出て、顎が上がり、首の後ろが詰まっている状態ですが、猫背や骨盤後傾と相関しています。

また仕事やスマホなどでいつも下を向いている生活がストレートネックを増やしているとも言われ、肩こり・首コリ、不眠など自律神経失調症状にも影響の大きいエリアです。

頚部・頭部のデザインやボーンリズムを学び、機能的な在り方を探してみましょう。

 

日時:12/2(土) 18:00~20:30

会場:朝日カルチャー新宿(新宿住友ビル4階)

参加費:会員 4,428円 / 一般 5,076円 (定員:20名)

お申込み:朝日カルチャー新宿 電話 03-3344-1946
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/4fde9941-33b7-5a17-7262-594c8126244f

担当:西山 晶子
http://franklinmethodjapan.com/a-nishiyama/