エリック・フランクリンワークショップ風景

創始者、エリック・フランクリンWS 満員御礼にて終了しました。

創始者エリック・フランクリンの特別ワークショップ、多くの方にご参加いただきました。お断りしなくてはいけなかった方々、申し訳ありませんでした。

内容は筋膜とマッスルチェーン、そして全身のボーンリズム。

ピラティスインストラクター、スポーツトレーナー、理学療法士、看護士、整体師、ダンサーなど、背景が違っても全てのムーブメントに関わる方が必要な情報、そして具体的な体現を経験していただきました。


午前中の内容:筋膜イントロ

体の内側に広がるワールドワイドウェブを体現する3時間のワークショップ。
筋膜は何で、どこから来て、何をしてくれるのでしょう。
筋膜のテンセグリティ(テンション-張力と、インテグリティ-統合を組み合わせた造語)を経験し、その機能を自分で体現する機会です。

からだの筋肉、靭帯、腱、筋膜がストレッチしたら、どうなるのでしょうか。

クリープとクリンプとは何のこと?
ぜひ、この機会にイメジェリーのワールドマスターである、エリック・フランクリン自ら教える筋肉イントロを体験しにいらっしゃってください。

 

午後の内容:全身のボーンリズムと、マッスルチェーン

ボーンリズムとは、フランクリンメソッドの創始者、エリック・フランクリンが名づけた、からだの中で骨が3次元で、より効率よく、より安全に、よりパワフルに動く為の骨の連動を言います。

ボーンリズムはエクササイズのように外側から無理に行うものではなく、からだの中の自然な動きです。
それならば、なぜわざわざそれを学ばなくてはいけないのでしょうか。

それは、多くの人がボーンリズムが上手く働かない状態を、様々な生活習慣や癖によってつくっているからです。

このクラスでは、ボーンリズムが働き、かつ筋肉が連動していくことは私達に何をもたらしてくれるのかを3時間で学んでいただきます。

日時:2014年11月4日(火)

午前の部10時~13時、午後の部14時~17時

会場:シアタ-千住 アトリエ (北千住駅より徒歩5分)
TEL. 03-5244-1010
www.t1010.jp