4月8日(日) モートン特別ワークショップ@大阪

4月8日(日) モートン特別ワークショップ@大阪

内容と時間:
午前クラス「筋膜の構造と体のつながり」
10:30~13:30

午後クラス「内臓と体と心のつながり」
14:30~17:30

参加費:
1クラス 8,000円 /  2クラス 15,000円 +消費税
(会員様割引あり)

会場:からだの学舎Re-fit
〒591-8023 大阪府堺市北区中百舌鳥町5丁764-2 中百舌鳥ビル2F
tel 072-260-4085
http://karadanomanabiya.com

お申込み・お問合せ:
からだの学舎Re-fit
info@karadanomanabiya.com
tel 072-260-4085
メールまたはお電話でお申込みください。

お申込みの際は以下の事項をお知らせください
・お名前
・ご職業
・受講希望クラス
・メールアドレス
・電話番号︎
・書籍やボール購入のご希望の有無、種類

オーガナイズ:尾陰 由美子
(有)アクトスペース企画代表
フランクリンメソッドLevel3公認エジュケーター
http://franklinmethodjapan.com/y-okage/

 

午前クラスA: 4月8日(日) 10:30 ~ 13:30

最新の科学から筋膜を正しく理解して、体をよりよく使おう。
~ つながる筋膜 ~

筋膜はどういう性質があり、どこからきたのでしょうか?体の中でどのようにはたらいているのでしょうか?

筋膜の最新情報を、エクササイズ、ストレッチ、強化にどうあてはめたら、効果的にからだの機能を向上できるのでしょうか?

このクラスは、筋膜は筋肉を包む膜であるという古い理解を刷新し、頭の先から爪先まで、全ての筋肉、内臓、骨などの構造を全て包み、つなげている筋膜の立体的な構造を学び、体現する機会です。

体を動かし、伸ばし、荷重をかけたときに筋膜はどうなるのでしょう。

からだの内側に広がる感覚を司る固有受容感覚の観点から見たとき、筋膜にはたらきかける重要性は?

また、筋膜を知る為に必要なクリープ、クリンプ現象とは何のこと?

どのようにして筋膜は生体力学的効率に影響しているの?

このクラスで、FMダイナミックイメジェリー、ムーブメント、セルフタッチのエクササイズを通じて筋膜の内なる世界にアクセスしましょう。
様々なエクササイズ、トレーニングで使われている筋膜への理解を深め、より効果的なはたらきかけをめざしましょう。

<学べること>
胎生学的に見て、筋膜はどのように発生したかを知る。
イメジェリー、ムーブメント、タッチを使った筋膜アプローチを学ぶ。
筋膜を理解することで、心地よい機能的なからだを手に入れる。

 

午後クラスB: 4月8日(日) 14:30 ~ 17:30

内臓にはたらきかけてからだと心を柔軟にしよう。
~ つながる内臓 ~

私たちが行っているトレーニングやエクササイズに、内臓が含まれていることはほとんどありません。

このワークショップでは、内臓に意識を向け、内臓から動くことがいかにムーブメントのスキルを格段に向上させるかが体感できます。

どのように筋肉や関節の痛みやこわばりが内臓と関連しているかも理解できるでしょう。

より効率のいい動きと姿勢をつくるためにいかに内臓にアクセスし、適度な張りとバランスをつくるかを発見しましょう。

また、内臓と呼吸との関連についても学びます。

内臓にはたらきかけることにより、楽な健やかさを得ることができ、いかに私たちが通常交感神経優位の状態でいるかや、内臓にフォーカスすることでいかに心の状態が変わりうるかを経験できる、ほかにはないチャンスです。

フランクリンメソッドのイメジェリー、おだやかな動き、セルフタッチをツールとして用います。

今までかつて体験したことのない深い安息を味わってみませんか。

<学べること>
内臓と強度、柔軟性のつながりを体験する。
内臓どおしの動き、呼吸時の動きはどうなっているか。
内臓に働きかけて、より自然で有機的な状態を自分にもたらす。